バーチャルオフィスをお探しならここがおすすめ!東京編

三角の画像

Home > 東京のバーチャルオフィス情報 > 起業時に必要な要素はすべて含まれるのが東京バーチャルオフィス

起業時に必要な要素はすべて含まれるのが東京バーチャルオフィス

 起業を志し新しいビジネスでのスタートを切る人が多い現代にあって、東京のバーチャルオフィスはスタートダッシュを支えてくれるシステムの一つです。会社を立ち上げたらオフィスが必要ですし、そこには電話などの連絡ツールも必要ですが、起業仕立てでお金がたっぷりある人はまずいません。そこで東京のバーチャルオフィスが役立つことになりますが、最低限で起業時に必要な要素を、ほとんど含むサービスです。実際にはそこに通勤をすることはないものの、ビジネスでは必要になるオフィスの住所をはじめ、電話番号にFAXナンバーなどを、気軽にレンタルすることができます。レンタルオフィスはネーミング的に似ていますが、実際にオフィスの空間を借りることができるのがレンタルオフィスの方です。バーチャルオフィスには実際に、業務を行うスペースはありませんので、レンタルオフィスのように実際にオフィスの部屋を借りるわけではありません。

 起業時に資金があまりない人には、非常に有効となるのが東京のバーチャルオフィスですが、お金のない起業家を支える反面でマイナスポイントもあります。実際にはオフィスをビルや土地には持たないのがバーチャルオフィスなので、会社を設立してもバーチャルオフィスの倍だと、銀行での法人口座を開設することが難しいです。ビジネスでの取引は法人銀行口座が無ければ、取引自体ができないこともありますので、スタートダッシュから起業家にとっては不利な条件になります。法人の銀行口座にも頭を悩ませますが、同時に雇用保険申請と、社会保険申請もできません。すぐに住所も電話番号も手に入れられるバーチャルオフィスではあるもののどのような職種での起業をするかにもよりますが、古物商や派遣業においては、許認可を取得できない可能性が高いです。

 会社設立に夢と希望と野心を持つ企業化にとって、バーチャルオフィスは最初の助けになってくれます。東京のバーチャルオフィスを利用することで、一般的な実際に通勤をするオフィスを賃貸するよりも、ずっと費用を安く抑えられる方法です。レンタルオフィスも起業家には良い選択肢にはなりますが、契約時には敷金や礼金などのまとまったお金が必要になります。初期費用を考えたうえでもレンタルオフィスであれば、一般的に賃貸で発生をする礼金や敷金の発生はなく、数千円から数万円ほどでレンタルを始めることが可能です。起業をしたての資金も利益もない起業家にとってみれば、これほどコスト削減に貢献するサービスはそうはないですし助かります。会社の住所がどこにあるかにより、取引先からの信用度合いが変わるため、東京の一等地に住所があるのは、仕事を軌道に乗せるためにも有効な手段です。