バーチャルオフィスをお探しならここがおすすめ!東京編

三角の画像

Home > 東京のバーチャルオフィス情報 > 東京の一等地でバーチャルオフィスを借り登記する

東京の一等地でバーチャルオフィスを借り登記する

 ずっと会社員として雇われるのではなく、いつか企業の夢を持つビジネスマンも少なくはありません。自宅を拠点として起業することを考える人は多いですが、登記場所を自宅で登録することにより、新規開業の企業として存在が認められます。それは若干面倒な面があり、突然自宅にセールスマンが営業目的で訪れることにもなりますし、自宅の住所がプライーなど関係なく世間に知られることにもなるので、セキュリティー面ではあまり良いことではありません。そこで利用をするべきなのが、東京のバーチャルオフィスであり、バーチャルオフィスであれば登記場所として借りるにしても問題はないです。起業スタート時にはだれもがお金のない状態ですが、バーチャルオフィスの場合は資金がさほどないとしても、登記を一等地ですることができます。これから数多くの顧客の集客をする必要もあるので、登記場所が東京の一等地であることが、顧客からのイメージアップにもなる方法です。

 自分で会社を立ち上げて大きくしていく野心を持つことは、壮大なスケールにもなりますし、人生の賭けでもあり挑戦のし甲斐があることです。起業をするときに従来通りのやり方で、事務所を借りてデスクやチェアなどを揃え、電話皆伝をひいてということを、一からすべてやっていたら簡単に100万円は超えます。会社を立ち上げるのはそれ以外にもさまざまな出費がかさみますので、登記のための費用だとか資本金など、大きなお金がかかる大仕事です。夢を大きく持つのは良いですが現実からすると、起業しておよそ1年間の間は、どの企業においてもまず利益は出ません。会社立ち上げのために大きなお金をかけることはできませんし、ほとんど収入には何らない企業からの1年間を貯蓄で賄う可能性も高いです。準備にはさほどお金がかけることはできないものの、東京のバーチャルオフィスであれば、それらの悩みは解消をされます。バーチャルオフィスの利用は基本的に、料金が安いためです。

 やりたいことを仕事にできればそれほど良いことはないですし、人に使われるより自分が経営者となって会社も人も動かすほうが向いている人もいます。リーダー気質で経営にも長けているならば、ビジネスシーンでは会社に使われるのではなく、自ら起業をして一旗揚げるというのも素晴らしいことです。東京でのバーチャルオフィスの利用は、起業をして業務開始までの早さを全面的に助けてくれます。起業をするために新規で事務所を探して借りた時には、賃貸のための入居審査が必要ですし、インターネットの回線開設工事や、電話回線工事も必要です。こうした電話やインターネット関連の工事に関しては、大体依頼をしてから完了までには1ヵ月はかかります。すぐに企業をしたいのにこれでは時間がかかり巣値ますが、バーチャルオフィスだったらすでに、インターネットも電話も契約日から利用が可能です。

次の記事へ