バーチャルオフィスをお探しならここがおすすめ!東京編

三角の画像

Home > 東京のバーチャルオフィス情報 > 東京のバーチャルオフィス選びでは信頼を勝ち取るためにも住所を重視

東京のバーチャルオフィス選びでは信頼を勝ち取るためにも住所を重視

 東京の一等地の住所を名刺に入れたい願いも叶えられるのがバーチャルオフィスであり、バーチャルオフィスは仮想事務所のことです。バーチャルは仮想の意味、オフィスは事務所、そのままの言葉通りですが、東京の住所を実際に事務所を借りずに得るには最高に良い方法になりアmす。実際の事務所をビルに借りる賃貸ではないので、住所は手に入れても執筆スペースなどの用意はありません。中には時間制限などをも設けつつ、共有できるスペースを用意していることもあります。基本のレンタル可能なことは、WEBサイトや名刺にも記載のできる住所のレンタルであり、郵便受けや法人登記にも利用可能です。契約時には入会金の支払いや保証金が発生をしても、実際の賃貸契約とは違い、初期にかかる敷金礼金もありません。住所のレンタルのみではなく、FAXや電話番号のレンタルをすることも可能です。

 フリーランスやSOHOの働き方を選ぶ人も多い現代では、住所の利用に東京のバーチャルオフィスを活用する人の多く、需要は右肩上がりです。ニーズがあるからこと応えられるために、東京バーチャルオフィスは増えていますし、だからこそ重視すべき選択時のポイントもあります。まず重視しておくことが必要なのは、レンタルをする住所であり、根本的な部分の信頼を得る必要があるためです。ビジネスシーンでバーチャルオフィスを選ぶ際、これから仕事をするにしても、取引先や周囲からの信頼を得る必要があります。新規顧客や長くお付き合いしたいビジネス絡みの関係において、会社の住所が一体どこにあるのかは、大きな影響を与えるためです。名刺を渡されても、携帯番号とメールアドレスのみでは、信頼関係以前に不安になります。不要な不信感を持たせてはいけませんし、ビジネスは信用を得られるかが、この先の成長や利益にもつながることです。これからバーチャルオフィスを選ぶなら、注目ポイントの一つ目は住所を見ること、選択時には外せません。

 東京のバーチャルオフィスは手軽に都内に住所を得ることができますが、反対に少し面倒な面も知っておくことです。雇用保険だとか社会保険の申請に関しては、実際にはその住所にオフィスを構えてはいないだけに、申請が若干面倒なこともあります。必要な書類の保管は会社法により、資金台帳や帳簿などの保管が義務になっていますが、実在の事務所ではないバーチャルオフィスの場合、それらの保管場所の質問を受ける可能性が高いです。ただバーチャルオフィスを利用する人は、自宅を事務所として利用している人が大半ですから、保管場所は自宅と回答することで問題はありません。バーチャルオフィスの場合若干厄介になるのが、法人用の銀行口座を開設するのが、今の時代では簡単ではないことです。起業をしてすぐに法人用銀行の解説は困難であるとしても、会社をスタートして半期くらいになったら、試算表を持参して開設に行けば、本当に業務が行われていることなどを証明しやすくなります。

次の記事へ