バーチャルオフィスをお探しならここがおすすめ!東京編

三角の画像

東京でバーチャルオフィスの利用を検討する

最近は国内において景気が回復基調となっている事も有りまして、新たなサービスの提供を行うなどして会社を設立される方も増えています。そして会社を設立時には住所や電話番号などが必要となりますが、最近はバーチャルオフィスを利用されるケースが増えています。

これは実際にオフィスを賃貸したりせずに会社の住所を取得する事が出来るサービスです。東京にオフィスを構える事は一つの大きなステータスとなりますので、ここでバーチャルオフィスを利用される方が増えて来ています。

そして東京のバーチャルオフィスから利用物件を探す際にお勧めなのが人気ランキングサイトの利用です。ここでは希望地域などで検索しますと、多くの方から支持されている物件情報をスピーディーに探す事が出来ます。そして各物件の特徴や利用料金などの詳細情報を確認しながら検討を進められます。

株式会社Karigo

オススメ度

サービス性

利用満足度

情報の多さ

利用しやすさ

 POINT 

  • リーズナブルなプランがあります。
  • 入会金が必要ですが安いのでリピーターが続出しています。
  • 荷物の引き渡しが可能なので無駄な手続きは必要ありません。

株式会社Karigoは荷物の引き渡しが可能なので、効率よく作業が進みます。バーチャルオフィスを利用するときは、プランに入会する必要がありますが、ホワイトプランは同じ荷物を30日以上預かることができるので、出張中でも安心して物品を保管しておくことができます。

バーチャルオフィスは東京にあって、入会金が必要です。月額利用料は3000円から5000円と比較的、安い値段で利用することができるので、数多くの人とシェアをしながら利用すれば、更に一人当たりの費用を抑えて使用することができます。

シルバープランは、転送電話と電話代行をどちらとも同じタイミングで使い分けることができます。スマートにビジネスを進めることができるので、サービス内容が非常に充実しています。

公式サイトはこちら
三角の画像

リージャス日本

オススメ度

サービス性

利用満足度

情報の多さ

利用しやすさ

 POINT 

  • ワークスペースを選択することができます。
  • 世界中のオフィスを検索できます。
  • スムーズに利用開始日を決められます。

リージャス日本は世界各国にあるバーチャルオフィスを検索することができます。海外だけではなく、東京のオフィスもすぐに探し出すことができるので、わざわざ時間をかけて色々なエリアを歩き回ることはありません。

電話応対などはバーチャルオフィスに駐在しているスタッフが行うので、コミュニケーション能力がなくてもオフィスを確保することができます。他の事業を展開したいのであれば、他のオフィスに場所を移すことも可能なので便利です。

ビジネスをするとなると郵便物を取り扱うことがあります。バーチャルオフィスでは郵便物の取り扱いサービスもしているので、忙しいときに書類が混ざり合うことはありません。

公式サイトはこちら
三角の画像

METSオフィス

オススメ度

サービス性

利用満足度

情報の多さ

利用しやすさ

 POINT 

  • 保証金や解約金は無料なので追加料金はかかりません。
  • ラウンジや会議室を自由自在に使うことができます。
  • 自社ビル直営なので経営は安定しています。

METSオフィスは東京にあるバーチャルオフィスで利用時にかかる費用以外にはかからないので、長期的に利用することができます。また、会議室やラウンジも自由に使うことができるので、ビジネスをするにあたり便利な施設がたくさんあります。

バーチャルオフィスは自社ビルということもあり、拠点が閉鎖したりするリスクも軽減します。住居の変更もないので、安心してビジネスに専念することができます。オフィスは東京の一等地にありますが、月額2700円から利用可能なので、条件と環境が良いです。

利用していると更新をしなければなりませんが、更新料が追加でかかるようなことはありません。無駄なコストが一切かからないので、余った費用はビジネスで活用することができます。

公式サイトはこちら
三角の画像

ワンストップビジネスセンター

オススメ度

サービス性

利用満足度

情報の多さ

利用しやすさ

 POINT 

  • スタッフが駐在しているので24時間利用可能です。
  • 最短で即日から使い続けることができます。
  • 審査もスピーディーということもありすぐに使えます。

ワンストップビジネスセンターは審査にあまり時間をかけずにバーチャルオフィスを使い続けることができます。審査は4日以内に終了して、1週間以内には場所を確保することができるので、活用するとかなり便利です。

東京のバーチャルオフィスが多いということもあり立地条件は良いです。申し込み方法は非常に簡単で、室内の雰囲気を確かめるための見学会も実施しています。起業家を応援しているプランに申しむと、初期費用が無料になるサービスもあるのでやりがいがあります。

スタッフによる来客対応にも力を入れていて、不意な来客があった場合は強く断るような対応をしているので、ビジネスにおいて本当に重要なところだけに専念することができます。

公式サイトはこちら
三角の画像

MIXER

オススメ度

サービス性

利用満足度

情報の多さ

利用しやすさ

 POINT 

  • 用途によってプランを選ぶことができます。
  • パフォーマンス力を高めた会議室があります。
  • クリエイティブな空間になっています。

MIXERは数あるバーチャルオフィスのなかでもクリエイティブな空間になっているので、効率よく作業を進めることができます。貸し会議室のパフォーマンス力も非常に高くクライアントとの交渉もスムーズになって、ビジネスシーンにおいて大きく役立ちます。

オフィススペースでは、ワークショップやセミナーなどに利用できて、様々なプロジェクトに活用することができます。室内には自分だけの特等席が設けられてオプションを利用すれば、機能性と快適さを同時に兼ね揃えた空間に変化します。

会議室はデザイン性が良く、プロジェクターやモニターなど様々な備品があります。オフィスは東京の神田にあって、子連れでも入室することができるので、比較的利用しやすくなっています。

公式サイトはこちら
三角の画像

シェアル

オススメ度

サービス性

利用満足度

情報の多さ

利用しやすさ

 POINT 

  • 最短1ヶ月から利用することができます。
  • 専用個室プランが充実しています。
  • ブースだけを使うサービスもあります、

シェアルは東京の日本橋にあるバーチャルオフィスで最短1ヶ月から利用することが認められています。専用個室プランは低価格で使用することができるだけではなく、機能性があって快適な空間も魅力的なので、数多くの人が利用しています。

夜だけ利用するナイトプランのようなものがあったり、専用のブースだけを使うというやり方もできるので、ビジネスの規模によって施設を使い分けることができます。ブースも一つ一つが個室になっていて、騒音でトラブルになることはありません。

ICカードを使うとコピーなどといった複合機を自由自在に利用することができます。分からないことがあれば平日は16時までスタッフが対応するので質問することができます。

公式サイトはこちら
三角の画像

イニシャルコストの削減のためにもなる東京のバーチャルオフィス

起業をするにあたり自宅を登記するのではなく、新たに事務所を契約して新しいスタートを切ることもできます。しかし新規で事務所賃貸の契約をすることは、まだ売り上げもなく資金繰りが大変な起業時には、イニシャルコストは大きな負担でしかありません。プライベートなパートやマンションを借りるものとは異なり、事務所の賃貸はまとまったお金が契約時に必要です。商慣習的としてプリベートでのアパート契約と大きく違うのは、礼金や敷金に関しても賃料の数か月分になりますし、保証金はもっと負担となる1年分くらいのこともあります。月々支払う事務所の賃料が基本になるので、良い立地を選ぶほど初期費用も月額賃料も高いです。東京でのバーチャルオフィスであれば、普通に事務所を借りるような礼金と資金もかかりませんし、保証金と入会金もわずかなものなので、イニシャルコストを低くすることができます。

新しく会社を始めるにあたり、会社の住所をどこにするのか、事務所をどのエリアに構えるかは悩ましいことです。東京都内で企業をする人は多いですが、会社を始める際に十分な資金があるとは限りませんし、しばらくは利益は期待できないのも起業したての時期になります。これからたくさんの取引先との契約も待っていますが、新規顧客獲得や長期的なお付き合いをするにしても、会社がどこにあるのか住所はかなり重要です。設立したばかりの小さな会社が、都内の一等地に最初から事務所を構えるのは、まず現実的な話ではありません。しかしバーチャルオフィスを利用することにより、設立間もない会社であろうとも、いとも簡単に東京都心の一等地の住所を手にすることができます。ホームページにも名刺にも、東京都内の一等地の住所を記載できますし、これからの事業に思っているより良い影響をもたらす手段です。

ビジネスシーンで意識することの中に、効率化やコストダウンがありますが、これは起業したばかりの会社にも言えることです。新しく会社を立ち上げたものの、大手企業のようにビジネスに必要なものを、全て用意するには小さな出来立て企業にはコストがかかりすぎます。大手企業に勤務をしていたビジネスマンが、自分で会社を立ち上げるにしても、今まで大手では当たり前だったことが、全て当たり前ではなくなるのも起業です。当然のように大手企業に入る受付のためだけの事務員や、大型のセミナー会場にFAXなど、あって当たり前のものも、小さな出来立て会社には不要なものが多くないます。FAXを導入しても起業仕立てではあまり使いませんし、来客のためだけに採用をする受付要員など無駄遣いでしかありません。そこで無駄を省いて本当に必要なもののみコストにできる方法が、東京でバーチャルオフィスを借りる方法です。起業時は内勤で引きこもるよりも、圧倒的に外出していることが多くなるワークスタイルですから、無駄なランニングコストは省くこと、そのためにもバーチャルリアリティーが助けになります。